HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  Birth   »  [完]西方の3愚者  »  西方の3愚者 おまけ

   スポンサーサイト   


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   西方の3愚者 おまけ   


エピローグです。愚者全開です。
膝を正すと途端に書けない病を発病しながら前後編を書きました。。
本編を書ききって緊張がほぐれたんでしょうか。ペロンと頭から出てきました。



「それではこれより敦賀蓮、京子の婚約会見を行います」


ピーーーーーーーーーーーーッ!!
「ハッ!!」
ズンチャズンチャズンチャ
「イェーーーーーーーーーーーーーーイ・サンバ!!」


あぁ…どうしてこんな事になってるのかしら。
記者さんたちのざわめき以上にホイッスルの音が耳に刺さるし、カメラのフラッシュ以上にミラーボールの光と目の前のサンバ隊の皆さんのカラフル・金ぴかな衣装が目に痛い…。

ほんの1時間前、敦賀さんに連れて行ってもらったジュエリーショップで、準備中だっていう仕上げ直前のマリッジリングを見せてもらって有頂天になってたのが悪かったのよ。後ろに人が立っていることにも気づかないなんて、私ったらどれだけ夢中になってたのかしら。


**


「ほほぅ。これがエンゲージリングをすっ飛ばして渡すつもりになってたマリッジリングか」
「「え?」」

びっくりして振り返れば、そこに立っていたのはニヤニヤ顔の社長さんで…。
その後ろにはジュリママとクーパパまで仁王立ちしてたのよ。

「しゃ、社長!?どうしてここムグッ!」
「失礼いたします」

敦賀さんが椅子から立ち上がろうとした瞬間、社長さんの側近のセバスチャンさんが敦賀さんの口と鼻をハンカチみたいなもので押さえて、一瞬で気絶させちゃったのよ。

「やだっ!!つっ敦賀さんしっかりして下さい!!社長さん何してるんですか!」

意識を失ってぐったりとした敦賀さんと、満足げな社長さんを見比べてワタワタとするしかなかったわよ!

「よし。猛獣が眠っている間に急いで移動だ!キョーコ君、テンがワゴン車で待機しているからジュリエラに連れて行ってもらえ」
「でも敦賀さんが…」
「久遠は俺とボスに任せておけ。寝ている間にいろいろと準備もあるし、目的地に着いたら気付け薬で起こすから問題ない。すぐに会わせてやるから。ほら、急ぎなさい。もう1時間を切ってるぞ?」
「さあキョーコ。急ぎましょう。テンちゃんがお待ちかねよ?」
「ふえぇぇぇっ!ジュリママッ。クーパパ、1時間切ってるって何がですか!?お夕飯まで1時間切ってるって事ですかーーーっ」

キョーコはジュリに腕を掴まれて、嵐のようにジュエリーショップを後にした。


**


「それではまずは2人が在籍しております、LME芸能プロダクション社長の宝田よりご説明、発表させていただきます」

ええと…コレはいわゆる記者会見ってヤツですよね?
凄いフラッシュで目も開けられないわ…。どどどどうしよう。トップ俳優の敦賀さんと駆け出し新人の私が結婚なんて…
いえ、それより既に妊娠とかそんな話になるんでしょ?
デキ婚って叩かれるわ!明日のスポーツ紙の一面が怖い!ネットだって炎上よ!!

キョーコが膝の上でギュッと握っていた拳に、蓮はそっと大きな手を重ねて包み込んだ。
びっくりして蓮を見つめれば、『大丈夫だから』と言うように、コクリと頷いた。
ほんの少し緊張が解れたキョーコは、握り締めていた拳を解いて蓮の指に自分の指を絡めた。

大丈夫。私と敦賀さんには、たくさんの支えてくれる人たちがいる。その人たちが開いてくれた記者会見だもの。きっと大丈夫。
それに叩かれたって何されたって、私は負けない。そうよ。シングルマザーになる覚悟だって出来てたのよ?…一瞬だったけど。
これからもずっと敦賀さんが私の隣で、私を…お腹の子を守ってくれる。だから大丈夫!!

深呼吸をしてもう一度自分を見つめる蓮を見上げて、キョーコはコキンと固まった。

つつつ敦賀さん!!あなた髪の毛、金髪になってるじゃないですか!!それにカラーコンタクトまで外しちゃって!!!
完全にコーンになっちゃってるじゃないの!!!

「あわわわわわわ」


**


「驚いたよね。蓮が実は日本人じゃなかったなんてさぁ。あ、ハーフか」
「3/4だよ。クーの子供だったなんてねぇー。って言うか、金髪碧眼も超カッコよかったよねー」
「それに母親のジュリエラが綺麗だったなぁ。人外の美しさだったよ」
「そうそう!でもそのジュリエラにハグされて、ふにゃって笑う京子も滅茶苦茶可愛かったよ」
「あの顔は反則だよねぇ。蓮と結婚なんてふざけんなッって最初は思ったけど、あれじゃあ仕方が無いよ。綺麗な上に可愛いなんてさー」
「それより何より早く赤ちゃんが見たいよ。美形一家の子供だよ?相当可愛いよ?」
「うん。待ち遠しいねー」

「あんなプロポーズ、京子が可哀想じゃね?」
「蓮からもらえるなら何でもいいよ!京子が羨ましいよー」
「嘘っ!あれはナイ。蓮、最低でしょ。京子の笑顔の意味が分かんないよ。懐が広すぎるよ!!」


**


「よし、全てのカミングアウトに世論は概ね好印象のようだな」
「そりゃそうよ。サンバ隊の登場で始まるようなボスの奇想天外な記者会見だもの。先制パンチ成功よ!!」
「それに俺やジュリが登場して会場も騒然としたしな」

ハリウッドスターの突然の登場に記者たちが食いつかないはずがない。その上、蓮が二人の子だとカミングアウトしたのだ。

「ねー。更にキョーコとの結婚と妊娠なんて、これだけのサプライズをどーんと出した最後が、アレですものね」
「プププッ。ほらこれ。久遠のオロオロとした情けないツラが良く撮れてるぞ?」
「うふふ。本当ね。情けなさMAXよ。私たちを置いて2人で出かけるからこんな目に遭うのよ。少しは反省したのかしら?」
「…はい。反省しています。すみませんでした。…でもまさか、自分のヘタレっぷりをこんな形で公表する事になるとは夢にも思ってませんでした」

蓮の怒涛のような誕生日の翌日、ジュリエラとクー、蓮の3人が、蓮の家のパソコンを使ってネットニュースを面白そうに覗き込んでいる様子を、
ダイニングテーブルで紅茶を淹れながらキョーコは見守っていた。

「本当に驚きました。もう隠し事をしたり、1人で明後日の方向で悩むなんて事も出来ません。とんでもない手段で正しい方向に導かれるのはもうこりごりです」

キョーコは困ったように3人に笑いかけた。

「さ、お茶が入りましたよ」
「ありがとう。飲んだら、お母さんの所に寄って署名を貰って、その足で区役所に婚姻届を出しに行こう」
「勿論俺たちも一緒に行くぞ!!な、ジュリ?」
「当たり前よ!もしもまた置いて行くなんて言ったら、お仕置きは昨日の比じゃないわよ?」


3人が見ていたニュースサイトには、「ヘタ蓮、京子へのプロポーズは『10▲回目のプロポーズ』以下!!」との見出しと、
人気女優・京子の頬を染めた満面の笑みの横に、薬指にマジックで黒い線が描かれた左手をかざしている写真が掲載されていた。



おしまい。



Comment
感動です!
ナー様
とても素敵なお話しありがとうございます!
東方の三博士は、なんだか切なくてキョーコちゃんの喜びから不安に変わる感情がヒシヒシと伝わって来て胸が熱くなりました。西方の3愚者では私の是非とも見たかった、妊娠・結婚記者会見で楽しませていただきました。
このシリーズで生まれた後のドタバタも見てみたいですね。何よりキョーコちゃん幸せになってね!
ありがとうございます!
素敵いただきました!(-^□^-)
キョーコちゃんを愛してる敦賀さんやその周りの人たちの、特にだるまや夫婦の深い愛情をどうにか形にしたくて、四苦八苦したお話なので、こうしてコメントをいただけるとすっごく嬉しいです!
東方はきちんとシリアスで終わったんですけど、なぜか西方は最後におまけがポロンと産まれました。(しかも安産)
楽しんでいただけて良かったです!!

本当は続きも書きたいとは思ってはいるのですよ。東西南北で、あと2つ。
でも妄想が生まれないんですよ。難産ですー。
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

menu    Profile    menu

ナー

Author : ナー

menu    Recent    menu

menu    Counter    menu


キリ番踏まれた方、コメントなどでご連絡ください。
リクエストなぞあれば浮かれてお聞きしちゃいます。

    Since 2014.12.07     

menu    Category    menu

menu    禁無断転載    menu

menu     Link     menu

menu    ブロとも    menu



形而上 愛の唄
美海様が作ってくれた拙宅バナー



menu   WonderfulWorld   menu
Mimi's Worlds  by 美海様 mimi's worlds /STAR星DREAM夢の卵 HEARTハートLOVE愛の卵 From Mr.D * Dear my dare Dears. Love Dreams Eggs ©From far away beyond beautiful sea.

Hop Step Skip Jump !!
  by ゆみーのん様 Hop Step Skip Jump !!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。