HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  中編   »  [完]旅に出よう。  »  そうだ、旅に出よう 前編

   スポンサーサイト   


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   そうだ、旅に出よう 前編   



夜、暗闇を1人歩く男の前に、黒い衣装を纏った男が現れた


「約束通り迎えに来たぞ?」
「…帰らない」
「わがまま言うな。既に伝えてある通りだ」

迎えの使者を振り切ろうと男は走って逃げだす


「…なら力づくで連れて帰るのみだ」


黒装の男が手をかざすと、同行を拒否していた男の動きが止まった「くっ」
物陰から現れた、同じく黒装の男たちに羽交い絞めにされ、誰にも気づかれることなく、1人の男が連れ去られた



***



「へー。リポーターの仕事?」
「はい!そうなんです!」
「キョーコちゃん、リポーター役なんて初めてなんじゃないの?」
「そうなんですよ。お芝居じゃないからきちんとした台本もないし、ある意味アドリブと言いますか、そんなこと私に出来るか不安なんです」

ラブミー部の部室に寄った蓮と社は、キョーコに入った新しい仕事の話を聞いていた。
蓮は一生懸命に仕事をこなすキョーコの様子を想像して笑みを漏らした。

「で、何のリポートなの?食レポ?」

レストランでデザートをおいしそうに食べるキョーコを想像し、蓮は連れて行ってあげたいな、と思った。

「いえ。宿泊して、そこのリポートなんです」


…宿泊…。
あれか?リポーターが露天風呂とかに入ってる映像が流れるアレか…
入浴シーンを撮られるのか?全国に流すのか?!


「つつつつ敦賀さん、どどどどうされました?」

先程までの笑顔と違い、キュラキュラとした笑顔でキョーコを見つめる蓮。

「…一人で旅番組のリポートなんかやらないよね?誰と行くの?…どこの旅館?」
「蓮、落ち着けよ…」

キョーコちゃんがお前の似非紳士スマイルに怯えちゃってるじゃないか!
どうせ他のリポーターに襲われでもしないかとか、そんな想像したんだろう?
まだ付き合ってもいないし、告白だってしていない癖に、独占欲は日に日に強まる一方ってどうだよ…

誰だよ!抱かれたい男No.1って!!ただのヘタレ男No.1だよ!!


社は心の中で叫んだ。


「この企画、泊まるのは旅館じゃなくて、宿坊なんです」
「「宿坊?」」
「はい。お寺のイベントと、宿坊のリポートなんです。だから精進料理が楽しみなんですよ」
「…宿坊って何?」


やっぱり敦賀さんって、古い言葉を知らないわよねぇ。
『天手古舞い』も知らなかったし。
ちょっと敦賀さんの弱点を握った気がするわ。
えへへ。


「えっと、宿坊っていうのはですね、お寺の参拝客のためのお宿って感じですかね~」
「へぇ。そうなんだ」

神聖な場所での仕事ということに、邪なことを考えていた自分が恥ずかしくなる蓮。


「『イケメン美坊主に出会う2日間』っていう企画のリポートなんですけど、料理とか宿泊施設とか、そっちが気になっちゃって~」


やっぱり邪アリ!!!


「…社さん」
「無理!!!絶対に無理!」
「俺、まだ何も言ってませんよ?」
「以心伝心!!もう分かっちゃってるから」
キョーコちゃんの仕事先に押し掛ける気だろ!!そんなことできるわけないだろう!お前の休みはこの先1か月は無い筈だ!
「しかもモー子さんと一緒にリポーターをするんです~。お仕事なのに2人で旅行って思うともう待ち遠しいです」

えへへと笑うキョーコ。

「…蓮君、しわ寄せがキツイと思うけど頑張ろう。お兄ちゃんも調整頑張るから。」
「2人で乗り切りましょう」
蓮と社が熱く語るのを、キョーコはやっぱり敦賀さんは仕事熱心なのねとニコニコ見つめていた。



***



リポート取材初日、天気にも恵まれ、取材先の寺院に撮影機材が運び込むなどの準備が進められていた。

「んーっ空気がおいしい~~!」
「ほんとね。森林浴っていうか、さすが山の中。…そして何もないわね」
「何も無いって…モー子さん、現代っ子っぽいこと言わないでよ~」
「あら、私は現代っ子よ。あんたが所帯じみてておばさん臭いだけよ」
「ひっどーい!」

お仕事だって分かってるけど、浮かれちゃうのよね。

女友達との旅行など今までしたことがなかったキョーコは、隣に奏江が居ることが嬉しくてたまらなかった。
そんなキョーコの様子に、奏江もまた満更ではない様子で構い倒していた。


「おーい、京子さーん、琴南さーん。ちょっと来てー」

プロデューサーに呼ばれて振り向くと、そこに僧衣をまとった2人のお坊さんが居た。
慌てて3人の元に駆け寄る。

「取材でお世話になるこのお寺の住職。ご挨拶に来て下さったんだ」
「琴南です。どうぞよろしくお願いいたします」
「こんにちは。お世話になります。京子と申します!」

きっちり90度に腰を曲げて挨拶するキョーコ。

顔を上げるとそこには、壮年の住職と、イケメンの坊主がいた。
イケメン…というか、見たことがあるというか…




… チーン(答えをはじき出した) …




「ビーグル…。」
「チッ」





つづく。
------

続いちゃいました。
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

menu    Profile    menu

ナー

Author : ナー

menu    Recent    menu

menu    Counter    menu


キリ番踏まれた方、コメントなどでご連絡ください。
リクエストなぞあれば浮かれてお聞きしちゃいます。

    Since 2014.12.07     

menu    Category    menu

menu    禁無断転載    menu

menu     Link     menu

menu    ブロとも    menu



形而上 愛の唄
美海様が作ってくれた拙宅バナー



menu   WonderfulWorld   menu
Mimi's Worlds  by 美海様 mimi's worlds /STAR星DREAM夢の卵 HEARTハートLOVE愛の卵 From Mr.D * Dear my dare Dears. Love Dreams Eggs ©From far away beyond beautiful sea.

Hop Step Skip Jump !!
  by ゆみーのん様 Hop Step Skip Jump !!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。