HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  BOOSTシリーズ  »  疾走Girl&Boy&?

   スポンサーサイト   


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   疾走Girl&Boy&?   


ショーちゃん視点で進みます



なんであいつがクラブになんかいるんだ?
しかも一緒にいる男、アレは女癖が悪くて有名なヤローじゃねぇか?
あの馬鹿、足元フラフラさせてやがる…酒飲まされてんのか?

…ったく仕方ねぇな。


「あー、ソレ、俺のだわ」
「え?」

狼を睨みつけ、赤ずきんの腕をグイッと引っ張り、キョーコを狼から引き離す。

「何、不破君の女だったの? …なんだよ、早く言えよっ」
「悪いね」
「チッ」

狼がほかの獲物を物色しようと離れていく。

ショータローはキョーコの腕を引っ張ったまま、人目に付きづらい壁際の席に座らせた。


「バカ、こんなとこで何やってんだよ!」
「…ショーちゃん?」

こいつに『ショーちゃん』って呼ばれるの、随分久しぶりだな。…っていうか!
こいつ頭グラグラさせてるぞ?相当飲んでるぞ?

「何で酒飲んでんだよ!」
「お酒なんて飲んでないわよ。オレンジジュースよ」

ジュースって騙されて飲まされたのかよ…。

「じゃあ、何でこんなところにいるんだよ」
「共演してる俳優さんが、落ち込んでた私に気を遣って『遊びに行こう』って誘ってくれたのよ…ヒック」


思いっきり騙されてんじゃねぇか!!

アホだ!こいつはアホすぎる!


「…あのヤローは… 彼氏はここにいること知ってるのかよ」
「……彼氏なんかいないもん」
「はぁ?」
「捨てられたもんっ」
「ンなわけあるか。アイツのお前への執着は異常だっつーの。ありえねぇよ」


「…ふぇぇ~~~」
「うっっ泣くなよ! …何があった?」


何で俺様がコイツの恋愛相談に乗ってやってんだよ!!


「今日、楽屋にお弁当を持って行ったのよ。そしたら…女の人とキスしてた。 グスッ」
「どうせ、してたんじゃなくて、されてたんだろ?」
「その人、すごい綺麗で、おっぱいだって大きくて…。この位。」

キョーコは自分の胸の前で、昼間見た女性の豊満な胸の大きさを両手でまるっと再現して見せた。

「そりゃでけぇな…。豊胸してんだろ」
「…豊胸…やってみようかしら?やったら敦賀さん、私のこと好きになってくれるかな…」

「ブッ!!ゴホッゴホッ!! …お前やっぱり馬鹿だな」
「うわーん!!敦賀さんの馬鹿~~!敦賀さんのせいでバカショーに馬鹿って言われた~!」
「もうお前、支離滅裂だな。もういいから帰るぞ!送ってやるから!」
「いーやーぁ!帰らないっ」
「はぁ…帰らないって、どうすんだよ」
「もぉ分かんないよ…何も分かんない……」
「…… なら俺んとこくるか? …戻ってきてもいいんだぜ?」



「って寝るな!!俺今すげーカッコ悪ぃじゃねえか!」


チッ!付き合いきれねぇよ!
お前、面倒くえぇ女になってんな。昔は物分かりのいい奴だったのに。

…全部アイツのせいかよ。



RRR…

「おい、キョーコ、起きろ。電話鳴ってんぞ。 …泣きながら寝てんじゃねぇよ」
「んー…」


しゃあねぇなぁ


「何?」

「…あせるなよ、ツルガさん。色男が台無しだぜ?」

「あぁ?コイツの事もう飽きたんだろ?聞いたぜ?色気もないお子様だしな?ついでに胸もねーし。アンタなら大人のいい女が選り取り見取りだろ?」

「キョーコ?キョーコなら泣き疲れて隣で寝てるよ」

「何、あんたコイツの事、自分のモノだとでも思ってんの?何してもにアンタから離れないとでも思ってたんじゃねーの?」

「ハッ。もういぃよ。面倒くさい奴だけど、いないと何か調子狂うしな。元々は俺のもんだ。面倒見てやるからアンタはおっぱいネエチャンとでもよろしくやっとけ」

「…麻布の××て店を今から出るところだ。…じゃあな。」




「おら、キョーコ、立てるか?そろそろ帰るぞ?」
「うーん…敦賀さん…のばかぁ…」


フラフラすんな…抱きかかえたくなるだろ…


「おめぇも芸能人ならシャキッとしろ!1人で歩けッ」
「なによっ!一直線に歩けるわよ!!後ろなんか振り向かずに未来に向かって走るのみよー!!」


うゎ、急に目ぇ覚ましてホントに走り始めやがった。馬鹿だろコイツ。


「待てよ、キョーコ…。早速めんどくせぇな」


追いかけようとしたショータローを大きな影がトップスピードで抜き去る



おせぇよ!



「キョーコ!!」


追いついた影がキョーコをスッポリと包み込む。

ジタバタしていた影がおとなしくなり、2つの影が1つに混ざり合った。



…1つ貸しだからな。





ピカッ





…いまフラッシュ光ったよな?
夏だってぇのにトレンチコート、マスクに帽子姿……の女か…

…キョーコ、今お前の母ちゃんがスクープ写真撮って走り去ったぞ…

BOOST来月号はお祭りだな。



「夏だし、祭りの1つもあってもいっか」



ショータローは1人呟いた



Fin.





ショータロー大人になるの巻でした。




Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

menu    Profile    menu

ナー

Author : ナー

menu    Recent    menu

menu    Counter    menu


キリ番踏まれた方、コメントなどでご連絡ください。
リクエストなぞあれば浮かれてお聞きしちゃいます。

    Since 2014.12.07     

menu    Category    menu

menu    禁無断転載    menu

menu     Link     menu

menu    ブロとも    menu



形而上 愛の唄
美海様が作ってくれた拙宅バナー



menu   WonderfulWorld   menu
Mimi's Worlds  by 美海様 mimi's worlds /STAR星DREAM夢の卵 HEARTハートLOVE愛の卵 From Mr.D * Dear my dare Dears. Love Dreams Eggs ©From far away beyond beautiful sea.

Hop Step Skip Jump !!
  by ゆみーのん様 Hop Step Skip Jump !!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。