HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  短編  »  晴れるや!

   スポンサーサイト   


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   晴れるや!   


感謝と愛を込めて!



「京子さん、どうしたんですか?浮かない顔して。何かあったんですか?」
「とっとんでもない!決して何もありません。何ひとっつありませんとも!!」

目が泳ぎまくってるわよ…

ラブミー部の部室で、書類にホチキス止めをする作業をしながら、奏江は胡散臭いものを見る目で千織とキョーコを
見つめた。


「京子さんの役者魂に翳りをもたらすような事なら…私何でもヤりますから、言ってくださいね?」
「ひぃぃ!天宮さん!そんなプリティな笑顔でヤりますって!私なんぞのために、何をドコまでなさる覚悟を
お持ちなんですか!」

「ちょっと天宮さん、この子のこと甘やかし過ぎよ」

驚くキョーコを尻目に、奏江が割って入った。

「でも、普段は何か悩んでても『ナニモアリマセンヨ?』って人をバカにした顔で誤魔化そうとする癖に、今なんて
この世の終わりみたいな顔しちゃってるんですよ?手も貸したくなるじゃないですか。
私、そろそろ行かなきゃですけど、琴南さん、後はよろしくお願いしますね?
…必要があれば連絡下さい」

千織は薄く笑って部室を後にした。


相変わらず怖い子ね…。


2人きりになり、奏江はホチキスを机に置いた。

「で?」
「で?って?」

キョーコは視線を漂わせながら小首をかしげる。

「いいから話しなさい。3・・・2・・・1・」
「あわわわっ。聞いてほしいって言うかどうしたらいいのか分からないって言うか気の迷いじゃないかって言うかどうしたらいいのかわから「んモーっ!何なのよっ」」
うりゅっと泣きそうなキョーコの顔を見て奏江はため息をついた。
「…敦賀さんに告白でもされたの?」
「ぎゃっ!なななななんでわかったの!?モー子さん、エスパー?!」
「そこまで飛び跳ねなくても…手近なところでアンタが悩むことなんてそんな位なもんよ。
で?その顔だと返事に迷ってるんでしょ?悩む要素が何処にあるのか分かんないけど」

眉を下げて唇を突き出してキョーコはポツリポツリ話し始めた。

「だって…恐いんだもん。」
「何が?」
「自分が。」
「は?」
「きっと私、愚かになるわ。あいつ…ショーの時のバカ女以上になる自信があるの。胸を張って言えるわ!
敦賀さんのことを1日中考えちゃうのよ!ウザい女になって、そして重いってあっさり捨てられるのよ!」
「ふーん。不破と比べ物にならないくらい敦賀さんが好きなんだ」
「ンギャッ!ちちちちがっ」
「じゃ断れば?」
「そんな……」

泣きそうな顔しちゃって。

「悩む必要があるの?答えなんてもう出てるじゃない」
「出てないよ!」
「出てるわよ。受け入れるのも断るのも同じくらい怖いんでしょ?だったらウジウジ考え込んでないで
頭にお花咲かせてみれば?あんまりウザかったら、私と天宮さんが刈り取るなり除草剤撒くなりしてあげるわよ」

…間違いなく敦賀さんのね。

「もしも捨てられそうになったら、その時に悩みなさい。聞いてあげるから」

まぁそんな日は来ないでしょうけど。

「あとね、こんな話は本人にしてやんなさい。うまく伝える必要なんて無いのよ。自分の言葉で、ゆっくりでいいから…
不安なことをひっくるめて、あんたの想いを全部…」
「モー子さん?」


奏江はパイプ椅子から立ち上がり、部室の入り口に向かう。


「そうですよね?敦賀さん?」


奏江がドアを引くと、真っ赤な顔で口許を片手で押さえる蓮と、嬉し泣きをする社が立っていた。


「ごめん…お邪魔しようとしたら中から声が聞こえてきて入りづらくて…」

キョーコは二人を指差して真っ青な顔で口をパクパクさせるのが精一杯。

「じゃ、そう言うことだから。社さんも敦賀さんの腕に絡まってないで…デバガメ隊は消えますよ?」
「ぐふふっ。そうだよね!オジャマムシは消えるよ。蓮、また明日。キョーコちゃん、ちゃんと全部伝えるんだよ?」

社は笑顔でキョーコにガッツポーズを送った。

「蓮、お前もちゃんと焦らずに聞くんだぞ?それと、もしお前の想いが伝わらなかったら、この先10年は無休で
仕事詰め込んで泣く暇なんてやらないから安心しろ!」

じゃあ、と社と奏江は部室から去って行った。



天宮さん、モー子さん、社さん…



こんなにも私を心配してくれる人がいる。

こんなにも俺の幸せを願ってくれる人がいる。




こんな私を好きだといってくれる人がいる。


キョーコは潤んだ眼で蓮を見つめる




こんなにも愛しい人がいる。


蓮は熱い眼差しでキョーコを見つめる




なんてキラキラした世界。





--------- 世界に光が満ち溢れる ---------





ハレルヤ!





Fin.



Comment
1. うんっ!
凄く良いっ!(≧∇≦) 可愛いなぁ。最近、リアルでへたってたんで元気でた!
2. Re:うんっ!
>へなへなっちさま

ありがとうございます!
へなへなっちさんの元気が出てくれて私もうれしい!
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

menu    Profile    menu

ナー

Author : ナー

menu    Recent    menu

menu    Counter    menu


キリ番踏まれた方、コメントなどでご連絡ください。
リクエストなぞあれば浮かれてお聞きしちゃいます。

    Since 2014.12.07     

menu    Category    menu

menu    禁無断転載    menu

menu     Link     menu

menu    ブロとも    menu



形而上 愛の唄
美海様が作ってくれた拙宅バナー



menu   WonderfulWorld   menu
Mimi's Worlds  by 美海様 mimi's worlds /STAR星DREAM夢の卵 HEARTハートLOVE愛の卵 From Mr.D * Dear my dare Dears. Love Dreams Eggs ©From far away beyond beautiful sea.

Hop Step Skip Jump !!
  by ゆみーのん様 Hop Step Skip Jump !!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。