HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  長編   »  [完]王子は誰だ  »  王子は誰だ 12

   スポンサーサイト   


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   王子は誰だ 12   


おバカ王子話です。
小学生かっ!とあたたかいツッコミをいただいている王子です。





夜通しで行われたCM撮影以外、今日はこの後の予定もなく、蓮は社を送り、自宅へと帰った。
移動中、一言も口を利かなかった社は、別れ際にやっとの思いで一言を蓮に告げ、逃げるように
マンションへ入って行った。


「マリアちゃんを信じて待とう!!」


ボフッ


蓮はソファに倒れこんだ


「情けなさすぎるだろう、俺」


マリアちゃんが頼りだなんて…


…最上さんの世話係としての奮闘を笑って聞いていた自分を殴りたい…

そういえば、不破が楽屋に来たな…なんて言ってたけ…


ガバリッ

勢いよくソファから起き上がって座りなおす


「そうだ…あの王子が最上さんを抱きしめていたとか…」


もっと危機感を持ってよ!最上さん!!

そういえば服を買ってもらったとかとか言ってなかったか?
…パーティで貴島君に化粧やらドレスやら一揃えされた時に、男の下心について教えたはずじゃないか!

--- 男が女性に服を贈るのはその女性をどうにかしたいという下心 ---


君は俺の言ったことをもう忘れたのか!


…いや、それより何より貰っておけばいいと笑いながら言った自分を葬りたい!


蓮はフェリックスを小さな子供だと思い込んでいた自分に腹を立てた


クソッ!最上さんが世話をしている人物が最初からアレだと知っていたらっ!!

…知ってたらどうした?

勿論引き剥がした。

…どうやって?

…。

理由を…言い訳を見つけようとするからそうやって悩むんじゃないのか?
本心をそのまま最上さんに伝えればいいのに。
伝えないまま、あの王子に掻っ攫われてもいいのか?

いいわけが無い!


♪♪♪


キョーコの言うところの『思考の小部屋』をノックする、メールの着信音が鳴った


誰だ?


のそのそとメールを確認すると、差出人の名前はキョーコと行動を共にしているマリアだった。

蓮は驚き、慌ててメール本文を読む。


蓮さまはカレー、辛口、中辛、甘口、どれがお好み?


シンプルなメールだが、それを補う画像が2枚添付されていた。

開くと、野菜をカートに入れようとするキョーコの腕を掴んで抵抗するフェリックスに真剣な顔で
怒っているキョーコが写っていた。

もう1枚は、カレーのルウを2箱、甘口と辛口を1箱ずつ両手で持って頬に当てている、
カメラ目線のキョーコの満面の笑み。


…アイツのために作る料理の材料をそんな笑顔で選ぶのか


マリアに精一杯のメッセージを返信し、蓮はスマホを投げ捨てたい気分になって再びソファに倒れ込んだ。


***


♪♪♪

あっ。蓮さまから返信!


買い物は楽しめた?
俺は辛口が好きかな?


ふふ~。きっとヤキモキしながら返信してくれてる筈だわ。

マリアはメールを読んで笑った後、少し寂しそうな顔になった。

いいなぁーお姉様。蓮さまに想われてて…。
さっきフェリックス様を牽制してる態度で、私にも分かってしまったもの。
…蓮さまがお好きな方がお姉様だって。

ちょっと…ううん。かなりダメージだけど、蓮さまと同じくらいお姉様が大好きだから…

蓮さま、マリア、全力で応援します!


「マリアちゃん、ホテルに到着したよ?」

気づけばキョーコがマリアの顔を覗き込んでいる。

「何を全力で応援するの??」
「たいしたことじゃないの!!おっおじい様の仮装を全力で応援するわ!って呟いただけ!」

そう、と引き攣って笑うキョーコが買い物袋を持って車から降りると、すかさずフェリックスが右手を差し出す。

『?フェリックスさん、あとは部屋に行くだけですから、手を繋がなくても迷子になりませんよ?』
『違うよ、荷物!それ持つから。はいっ』
『ありがとうございます』

がさがさと買物袋をフェリックスに手渡す時、一瞬フェリックスの指にキョーコの指が触れた。

『…やっぱり、はいっ!』

フェリックスは左手をキョーコに差し出す。

『?荷物はそれだけですよ?』
『違うよ!ヤッパリ手、繋ごう』

ププッ!頬膨らませて、ホントに子供みたい。

『仕方がないですねぇ』

キョーコが手を出しかけた瞬間、


ガシッ ガシッ


『うふふ~早く行きましょ~!マリア、カレー楽しみー!!』


マリアはキョーコに差し出されたフェリックスの左手とキョーコの右手を握り、無邪気な笑顔を振りまきながら
2人の間に立った。

「そうね!早く作ろう!!」

あれ?キョーコの手を握るつもりだったのに…
マリアもキョーコも楽しそうに笑ってるから、ま、いっか。

フェリックスは驚いた顔をすぐに破顔させた。


『よし、行こう!』
『はーい!』


マリアは満面の笑みで返事をした。



つづく。



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

menu    Profile    menu

ナー

Author : ナー

menu    Recent    menu

menu    Counter    menu


キリ番踏まれた方、コメントなどでご連絡ください。
リクエストなぞあれば浮かれてお聞きしちゃいます。

    Since 2014.12.07     

menu    Category    menu

menu    禁無断転載    menu

menu     Link     menu

menu    ブロとも    menu



形而上 愛の唄
美海様が作ってくれた拙宅バナー



menu   WonderfulWorld   menu
Mimi's Worlds  by 美海様 mimi's worlds /STAR星DREAM夢の卵 HEARTハートLOVE愛の卵 From Mr.D * Dear my dare Dears. Love Dreams Eggs ©From far away beyond beautiful sea.

Hop Step Skip Jump !!
  by ゆみーのん様 Hop Step Skip Jump !!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。